Windows OS全般

よく使うWindowsロゴキーショートカット5選

投稿日:

こんにちは、今日は仕事中や家庭でWindowsOSのPCを使っているときによく使うショートカットキーを紹介したいと思います。

今回紹介するのはWindowsロゴキーに着目した5つです。

スポンサーリンク

そもそもWindowsロゴキーってなに?

windows%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%82%ad%e3%83%bc

上図の左下のCtrlキーの横にあるキーがWindowsロゴキーです。
私はけっこう便利に使っているのですが、案外使っていない人もいるようなので便利な使い方をご紹介。
(※Windows7,Windows10共通のものを紹介します。)

  1. スタートメニューの表示と非表示
  2. コンピューターのロック
  3. [コンピューター](エクスプローラー)の表示
  4. デスクトップの表示
  5. 表示モードの選択

1.スタートメニューの表示と非表示

Windowsロゴキー

単純にWindowsロゴキーのみを押せばスタートメニューが表示されます。もう一度押せば非表示なります。

マウス操作したくない場合やフルスクリーンのアプリを起動している場合に便利ですよ!!

 

2.コンピューターのロック

Windowsロゴキー + L (2つのキーを同時押し)

会社等でちょっと席をはずすときにぱっと押せるのでよく使います。
ユーザー切り替えをするときにも便利です。

 

3.[コンピューター](エクスプローラー)の表示

Windowsロゴキー + E

■Windows7の場合はコンピューターが表示されます。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%94%bb%e9%9d%a2

各ドライブのファイルを探したり実行したりする場合にコンピュータ画面から辿って行くことが私は多くあります。
コンピューター画面の左列のファイルのショートカットもすぐに使えるので便利に使えると思います。

■windows10の場合はエクスプローラーが表示されます。

win10
Win7と違い「クイックアクセス」画面が表示されます。
このままでもほぼ同じように使うことができますが、Win7と同様にコンピュータを表示したい場合は下記設定を行いましょう。

Windows10でコンピューター画面を表示する設定

%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e2%86%92%e3%82%aa%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

1.エクスプローラー画面を表示
2.表示
3.オプションを選択

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%81%a7%e9%96%8b%e3%81%8f

4.エクスプローラーで開くタブで「PC」を選択

 

4.デスクトップの表示

Windowsロゴキー + D

様々なアプリケーションを開いているときにひとつひとつ閉じるのは面倒ですよね。そんなときにこのショートカット
実はこのショートカットと同様のボタンもあってタスクバーの右下のボタンが同じ動きをします。

補足として同じような動きをするショーットカットに
Windowsロゴキー + Home
があります、こちらはアクティブ以外のウィンドウを最小化するショートカットです。

 

5.表示モードの選択

Windowsロゴキー + P

使用頻度は高くないですが、他のディスプレイにPCの画面を出力する場合にどのような設定で出力するか選択することができます。

%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%81%ae%e8%a1%a8%e7%a4%ba
Windows7だと上記のメニューが表示されます。Windows10でも同様のメニューが表示されます。

会社等のミーティングスペースでノートPCの画面をディスプレイに接続して表示したいときに「拡張」設定ではなく「複製」にしたいのにってときがあると思います。そんなときにこの設定メニューを瞬時に表示できればスムーズですね。

 

以上でWindowsロゴ キー とショートカットの紹介を終わります。

ちょっとしたことですが、少しでもPC作業の時間短縮になればと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Windows OS全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

サイト内検索